POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介


【スポンサーリンク】

遠く遠く 金管バンドアレンジ

【スポンサーリンク】

最新曲の歌入れ始動しましたー。

あー、楽しみ。

 

 

遠く遠く 金管バンド

さて、ここのところPOPSについて書いてきたので、今日はPOPSアレンジの動画を貼り付けてみようかなと思います。

槇原さんの「遠く遠く」の金管バンドアレンジです!

 

サンプル演奏

まずは、サンプル演奏の動画を貼り付けてみます。

www.youtube.com

 

アレンジ苦労話

このアレンジは、英国式金管バンドの編成に準じています。最近作ったものは、日本の小学校の金管バンドの仕様に応じてより一層のアレンジをしていますが、この時点のアレンジでもEbコルネットやEbバスなど、学校によっては持っていないかも?という楽器についてはなくても演奏できるようになっています。

 

このアレンジをした当時英国式金管バンドについて、まったくもって無知でしたので、かたっぱしから調べて、「ふーん!?」「はー…」「ほー!!」となかなか大変だった覚えがあります。所属吹奏楽団の指揮者様が現役で英国式金管バンドのメンバーですので、最終的には泣きついて、楽器毎の役割を教えてもらったりもしました。研究すると大変面白い編成です。

 

原曲素晴らしい…

そんでもって、この原曲…

今ではカラオケで歌うくらい好きなんですけど、この時は知らなかったんです。。。

遠く遠く (?'06バージョン)

遠く遠く (?'06バージョン)

 

 

すごい、こんないい曲を知らなかったなんて。損してたわー。 

 

旋律とコードが好きですねぇ。綺麗で、ちょっと切ないところのある和声とか。はーため息が…

槇原さんの作る旋律とコードはなぜか心に響きます。最初に知ったのは「どんなときも」でしたが、そのときにすっかり心奪われました。

ただ、J-POPにはまっていた時期が本当に限定的だったので、その後はあまり知ることもなく過ごしてきましたが、友達とカラオケに行ったときに「もう恋なんてしない」を知ったり、今回の金管バンドのアレンジのお話をいただいてから「遠く遠く」をしったり、大人になって大分たってから、また出会う日がくるなんて、不思議だなぁと思っていました。

 

偶然知った曲ではありますが、聴いてみたら「まぁなんと素敵な曲だった」ので、楽しくアレンジできました。原曲がいいとやっぱり上がります!

 

アレンジについて振り返り… 

最初のサビのところ、トロンボーンに書いたんですね。どんな感じになるかな…???とちょっと怖かったんですけど、これ聞いたら、正解だった…と思えました。

トロンボーンは爆音のイメージがありますが、もともとは教会でコーラスの補強の目的で使われていた楽器が進化したもので、ハーモニー命の楽器だったりします。

ホルンの作り出すハーモニーもとても味があって素敵ですが、ホルンの作り出すハーモニーは音色の落ち着き、少し老成したというか達観したイメージで、かたやトロンボーンの作り出すイメージは(直管だからなのでしょうか?)音色の素直さから、若々しい印象があります。

 

でも、それもこれも演奏があってこそ。演奏の良し悪しで作品の印象は大きくかわります。というくらい演奏大事。

この音源はとても美しく演奏してくださって、感謝感激しております。

逆に、自分が人の作品を再現する立場になったときは、このことを肝に銘じて、この演奏に負けないような素敵な演奏をできるようにと心して臨みたいと思います。

 

すこし、アレンジの話にはいります。

全曲を通してユーフォニアムがおいしいアレンジです。多分。どうやら、金管バンド編成でソロコルネットとユーフォニアムパートはそういう役割が多いみたいで、それにならってみました。というのと、単純にユーフォニアムが好きという理由からですね。

最初期に作ったものなので、その編成のスタンダードに則ってみようと思って作ってみました。

習う時期は忠実に!を意識するのがいいかもしれませんね。

 

実は、アレンジの反省点もちょっとあります…

金管バンド編成、最初期のアレンジなので、結構無理させているところがある…

 

まず、チューバ。

原曲のベースをほぼそのまま再現したので、リズムが難しい。小学生にとっては…

 

二つ目はEbコルネットの音域が高い。

いーやー、でも高音担当はEbコルネットにやってもらうしかないねん…

「なるべくBbまでに抑えてくださいね」と言われていたにも関わらず、Dbまで上げちゃいました。

で、EbコルネットってBbコルネットと比べても、大して高音の演奏が楽じゃないらしいとの噂…楽器の改良も遅れてるんですって。

 

いやいやいや、頑張ってよ。最高音域をできるのはあなただけなんですよ。

 

はい、言い訳です。

 

 作編曲家の抱く気持ちあるある

ちなみにこの楽譜、時々売れているようなのですが、いったいどこで演奏されているのかが謎です。

学校の運動会などで演奏してくれているのでしょうか?

 

30-40代に響く歌だと思います!ちょうど小学生のお父さんお母さん世代ではないでしょうか?小学校の先生方、父兄のみなさん、一度聴いてみてくださいませ。

 

知らない間に演奏してくれてるのもうれしいのですが、知りたい気持ちもありまする。