POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介


【スポンサーリンク】

春が来た! 即席でアレンジしたアンコール曲

【スポンサーリンク】

たまには、私も役に立ちますぞ!という記事を書いてみます。

「自画自賛記事乙(怒)!」とか思わないで、優しく見守ってくださいね!

 

 

即席でアレンジをしてみました

経緯

日曜の春色コンサートの時のことです。

当日、会場に行って、簡単に打ち合わせをしていたところ、そういえばアンコールを用意してなかったね。という話になりました。

「なしにしよっか?」

「いや、でもあったほうが…この曲アンコールにすればよかったねぇ」

「本編でやった曲をもう一度やる?」

「でも、それだとちょっと…」

みたいなやり取りがありまして…

 

アンコールないのも、確かにちょっと締まらないかなぁ。なんて思っておりました。

そこで…

私「春の歌、なにか知らないですか?春の小川とか?」

Aさん「春が来たとかどう?」

 

で、ピアノに向かって、おもむろに作ってみたのがこちらです。

f:id:ilyich888:20190319204242p:plain

即席アレンジ

実物は譜面差しにしようとメンバーが持参してくださった、ピンクの紙に書きました。

それに、チラシを線引き代わりにして、ボールペンで五線を弾いて、即席五線紙を作り、これを書きましてん。(なので、実物とはちょっと違ったりしたかも)

 

弾いてから10分くらいでできたと思います。なんせ、即席で作った雑な代物でしたから。それはそれは、やっつけ感のあるハンドメイドのぬくもりを感じる代物でございましたよ。

 

結果、実演成功

で、これをピアノさんに弾いてもらいまして、クラ、オーボエ隊は、開始の音を確認して、クラ、オーボエ、クラの順に演奏。4回も歌を繰り返したのは、繰り返さないと短すぎて間が持たないから。という裏話を暴露。

最後は全員で合奏。管楽器全員旋律もつまらないなぁと、私は、ほとんどロングトーンのこれまた即席オブリガートを演奏しました。

 

「あー、おいしいとこもってってずるい」って言われましたけど、「面白くしたほうがいいでしょ?」と(^_^;

 

お客さんも、本当にノリがよく、温かかったので、盛大な大合唱のアンコールで締めくくられました。

 

すこーし、自尊心を回復できるイベントでございましたよ。自尊心大事ね。

 

少々解説

1小節目2拍目裏。ちょっとひねくれているんですけれども、通常のEbの和音のものも弾いて、2パターン作り「どちらがいいですか?」の結果コレ。

Sさん曰く「わたしっぽい」だそうです。

 

これくらいは朝飯前…だけれども

私、ほんとーに売れてないとはいえ、作編曲家の端くれですので、こういうときこそ、私の存在意義が問われるというものです。

しかし、こんなん、本当に自慢するようなものではなくて、作編曲家であれば、ひょひょっと作ってしまうものでございます。多分、作編曲家として活動しておらずとも、ヤマハのグレードを持っているような人でも出来てしまうように思います。

そして、第一線で活躍している方は、もっとすごいのを作ってしまうのでしょう。

 

一流の人からすれば劣るであろう上に、一般社会で使えるか?と問われるとそうでもなく、披露する機会も、役に立つ機会もさほどありませんが、でも、客観的にみて誇っていい特技ではあると思いました。

普通はできない。多分一般人の8割はできないはず!9割???

 

そういえば、似たようなエピソードを思い出したのでもう一つ。

市内の少年少女合唱団の伴奏を引き受けさせていただいたとき、練習中に「お誕生月の子をハッピーバースデーの歌でお祝いする」という粋なイベントをやっておりまして、普段は歌だけらしいのですけが、せっかくピアノの前に座っているし、伴奏を付けてあげようかなーと、つけてみましたー。

最後 maestosoしてトレモロとかグリッサンドとかも入れてみました。

その結果、思っていたよりもよっぽど喜んでもらえたようでございました。

 

そう、あまり卑下するようなものではないのだろうと思います。

 

特技、つかえる時は恥ずかしがらずに、使うが吉です!自分の株も上がるし、本当に喜ばれます。人に喜んでもらえるということは、自分の幸福度をアップさせますよー!

 

(ここでは隠してないけど)日常的には隠れた特技を持っている私、すごい。と今日は思うことにします。

 

しかしなぁ、もうちっと役に立つのないかなぁ。。。