POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介

【スポンサーリンク】

ガーン、ちょっと疲れているのかも

【スポンサーリンク】

ちょっと間が空いての更新です。

 

元気はしているんですよ。気持ちとほとんどの体の部分においては。

 

ただ、ちょっと前から左右で音程が若干ズレて聴こえる症状が出てきました。確か先週の金曜の朝のチャイムを聞いて気づきました。

「あれ、なんか歪んでいるような気がする???」

 

そう、今、左耳が半音のさらに半分くらい低く聴こえます。昨日の夜、吹奏楽の合奏を指揮していたときは、自覚できなかったので、軽快していたのか、はたまた、集中していると気が付かないのか…

ズレテないかも?と思うときもあるし、特定の音域(中音あたりの中途半端な音域)だけ若干ゆがむように聞こえるときもあるし、と困った症状が出ています。

 

自覚している限り、聴力が落ちているようには感じません。(もしかしたら、わずかに下がっている可能性はありますが、わからない程度)

 

実は、10数年前に左耳の「外リンパ瘻」という病気(外傷に近いイメージ)をしたことがありまして、まさか、それが再発したのかな…とちょっと恐れているのですが…

でも、その時と違って低音の難聴がないんですよね。

その時は、バスドラムの音が聴こえませんでした。音圧を上げても聴こえない。

 

ただ、その時も、左右で感じ取れる音程に差があるという症状はあったので、もしかしたら…という恐怖が無いとは言えません。

 

他に調べると「突発性難聴」「急性低音障害型感音難聴」なんてのも見つけまして、特に前者だと怖い…んだけれども、こんな記事も見つけたんですよね。

www.lkjp.net

 

この症状に近い気がする。

 

ただの中耳炎な気もするし…(自分の声はあまり低く感じない)どうなんだろう。。。

って耳鼻科に行ったほうがいいんでしょうけれども、休みづらいよう。

 

難聴はほうっておくと、治らなくなる可能性があるというのは前から聴いていたので、恐ろしくはあります。 

明らかに下がったなと考えたら、事情を説明して診察だけでもしてきます。

 

そうなる前に治りますように。

 

しかし、ストレスってのは目に見えないもんだから難しいですね。

私、ここ2年くらい秋口に咳が止まらなくなる症状が出るようになりまして、検査しても原因がわからないし、咳止めもあまり効かず(一番強いのを出してもらったにもかかわらず止まらない)。。。

って状態にもなっているし、今はアトピーも少しぶり返している感じです。

 

前に、耳鼻科のお医者さんのお友達にちらっと話してみたら、「アレルギーマーチ」ってやつだと思いますよ。とのことでした。

アレルギー症状が全身を行進して、至るところで異なった症状を出すことをそういうらしいです。

ja.wikipedia.org

 

やっぱり、ストレスかなぁ。

 

環境激変期ではあるので(転職、引越しするし、行ったり来たりも多いし、音楽の副業も結構多い時期ではあります)、ストレスなんでしょうね。

 

仕事は休めないにしても、睡眠はちゃんととろう。

今日昼寝3時間くらいしちゃったんだけれども、ちゃんと夜眠れますように…

 

 

ちなみに、その後の記事…

www.petit-orchestra.jp

 

www.petit-orchestra.jp

 

 

それとは別に、今日も宣伝。

 

田中玲子ユーフォニアムリサイタルVol.11が近づいてまいりました。まだまだ弾けなくて泣きながら(嘘)練習しています。一生懸命練習しているのは本当です!

みなさんのご来場をお待ちしていおります。

www.petit-orchestra.jp