POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介

【スポンサーリンク】

【演奏会出演情報】田中玲子 ユーフォニアムリサイタルVol.11

【スポンサーリンク】

音楽のお仕事なにやってるの?と思われている方も多いと思います。はひ…もっと頑張らねば…

 

たまには、お仕事の告知でもしてみます。

この時期はあまり演奏の仕事はないのですが、年一の大きな伴奏仕事でございます。

 

 

 

【演奏会出演情報】田中玲子 ユーフォニアムリサイタルVol.11

毎年秋の恒例となりつつ1年で最も大きな伴奏を務めます演奏会でございます。今年もその時期が近付いてまいりました。

 

田中玲子さん

私がお世話になっている、ユーフォニアムプレイヤーです。楽器店の講師やご自宅での指導、The Red Catsでのパフォーマンス、安房西高校の吹奏楽指導、我が鴨川吹奏楽団の指揮者etc...など、多忙な日々を過ごされているパワフルな女史です。

 

田中玲子さんのブログ

reisan000.cocolog-nifty.com

 

ブログのタイトルにもありますとおり、音楽三昧の日々を送ってらっしゃいます。音楽で生計を立てていらっしゃる方で、私の尊敬する人のお一人であります。

 

是非演奏する姿、当日のおしゃべりをお楽しみいただきたいです。

チラシ

どうも、写真を撮るセンスがないらしい…

リサイタルチラシ

リサイタルチラシ

 

ゲストのレッドキャッツさんをメインに据えた豪華な構成ですね!

 

The Red Cats

www.music-on.co.jp

ミュージック・オンに所属する女性パフォーマンスブラスバンドグループ(という呼称でよいのでしょうか…)です。

見事なダンスを踊りながら、パワフルな演奏を披露してくださいます。

リサイタル主催の田中玲子さんは、現在、このバンドのリーダーを務めてらっしゃいます。

 

こちら通常の倍の編成の動画です。

www.youtube.com

 

これは、コンサートの様子のようです。

通常は、海老名ビナウォークや東京ドームなどで、パフォーマンスを披露されていることが多いようです。

 

以前にも、田中玲子ユーフォニアムリサイタルで演奏とダンスを披露してくださったことがありまして、それは実際に鑑賞したのですが、とても楽しい時間を過ごせました。

 

一聴、一見の価値ありです。

 

演奏会情報

では、詳細をば…

  • 日時:2019年9月15日(日)13時30分開場 14時開演 全席自由
  • 会場:南総文化ホール 小ホール 全席自由
  • チケット:前売り2000円 当日券2500円 / 学生 前売り当日ともに1000円
  • チケット取扱い:南総文化ホール

 

ここいらでは有名な八幡の祭の最終日でございます。

matsuri-no-hi.com

お祭りを見たい人も、そうでない人も、南房総の海の幸と共に、観光がてらお立ち寄りいただければと思います。

 

 

南総文化ホール

会場の情報をば。

www.nanso-bunka.jp

 

JR館山駅から徒歩15分程度です。

 

東京から千葉県館山市へは、JR内房線、房総なのはな号などございます。

観光がてら自家用車でのご来場も可能です。

 

交通アクセスについては、こちらに詳しく載っています。

www.nanso-bunka.jp

 

演奏曲目

肝心な曲目について。

  • ユーフォニアムとピアノのためのソナチネ 第3番(鶴原勇夫)
  • 「ヴェニスの謝肉祭」による幻想曲と変奏曲(J.B.アーバン)

など。

 

私はこの2曲プラス2~3曲演奏する予定です。公開しちゃっていいのかな…???とても難しいのですがウーバーの「サマー・ノクターン」を演奏予定なのですが、お気に入りでございます。

レッドキャッツさんの演目は当日のお楽しみ!

 

どうやら、パフォーマンスとアンサンブルをやるらしい。との情報が!?

 

チケットについて

南総文化ホールと田中玲子さんのブログからお問い合わせしていただければ、入手できるかと思います。

 

また、私と直接面識のある方、または、メール等で確実にやり取りできる方については、こちらでご用意することもできます。

詳しくはお問い合わせください。

 

私のギャラのためにも、どんどんお問い合わせいただければと思います。

 

日々奮闘中

冗談は置いておいて、仕事帰りの夕方~夜にかけて、日々練習しております!

現時点では、まだまだ…まだまだまだ…いやぁ、全然まだまだまだまだまだ…という状況でございますが、赤子が成長するがごとく(これは言い過ぎですが)日々成長しております。

田中玲子ともどもみなさんへ素晴らしい音楽をお届けすべく奮闘しております。

 

本番の日を楽しみにしていたければと思います。

 

是非是非、みなさんのご来場をお待ちしております。