POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介


【スポンサーリンク】

一発録りをしてみました。シンガーソングライターへの道!?...

【スポンサーリンク】

タイトルの通りなんです。ええ。

  

夜の台所で一人イヤホンつけて、レコーダーを置いて、録ってみたんです。ええ。

 

作詞作曲、両方男なもんで、「男性の歌だと思ってい」たという声があったりもしたもので、やってみたんです。歌ってみた…ってやつです。

勧められて録ったみたいにいってますが、ちょっとやってみたかったのも事実。

 

 

晒してみます。

 

www.youtube.com

 

一発録りではありますが、ちょいちょい音程はいじってます。

(下から上へあがる癖(しゃっくり癖???)があるみたい…) 

 

 

そこそこ、歌行けるかな?と思っていたけど、全然だめだー。

声が震えちゃってるのがまずダメ。

音程をちゃんと当てるのも結構難しい。

唾を飲みこむタイミングどうしたらいいの???

ブレス取れてないところががが…

ブレスの音大きすぎ???

etc...

 

問題点多数。

気持ち先行で、技術がおっついてないのが、なんとも。

 

世の歌い手さんたち尊敬。。。

 

 

一つ収穫は、本当の最初の1回目に聞いたときは、「うっわー…自分の声きもっ…」って思ったけど、2回目以降慣れて、案外悪くないのかも。と思えたことです。

 

さて、今回は思いつきの一発だけでしたが、これ練習を重ねたらどこまでうまくなれるのか、気になるところではあります。

 

「ビブラートをきちっとかけられるようになりたいー(遠い目)」と思っています。今、ちょっと縮緬ビブラートみたいになっていますよね。

ちなみに、オーボエは一度習得してしまったちりめんビブラートを修正できたのです。歌もそうなりたい…

 

横隔膜でビブラートをかけるのが肝要だそうで、オーボエでできているんだから歌でもできるはず(原理は同じはず)なのだけれども、緊張度合の違いか、自信の度合の違いか歌は難しいです。

でも、うまくなりたいのでがんばろー。(あなた、何を目指しているの???)

 

はい、ブログ主の声はこんな感じです。

 

一応、合唱でパート分けをするとちょっと低めのテノールになることが多いのですが、F#を地声で出すのが結構きついでござる。本当はバリトンボイスなんだろうな…日本人男性のほとんどはバリトンの声域をもっているんだそうです。

 

 

追記:

ちなみに、どうでもよい裏話なのですが、最初に作曲したときはこの調で作ってましたー。もと曲はBb dur これは、2度高いD durでございます。

#系だからか、音が高いからなのか、カラオケはきらきらしている気がします。

 

もと曲はこちら!

www.youtube.com

 

追々記:

男性の音域で歌うと、最初のAメロ(ベースが入る前)に置きまして、旋律がベース音(楽器のベースではなくて、土台の音という意味です)の下に潜ってしまうのを思い出しました。2回目のAメロは1オクターブ下の音が足されているので問題なし。

これは、難点…

思ったほどは気にならないけど、やっぱ、ちょっと変は変。ベースライン下げないとね…

 

ついつい追記: 

 ちなみに、レコーダーはこれを使ってます。

Roland 24bit WAVE/MP3 RECORDER R-09

Roland 24bit WAVE/MP3 RECORDER R-09

 

 ホールでの録音でも使えてよいです。