POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介


【スポンサーリンク】

銀雪を駆けて おすすめフルートアンサンブル(三重奏)

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは、おはようございます、こんにちは。田丸です。

就業時間が長いと疲れますねぇ。。。がんばれ独り立ち!

 

銀雪を駆けて おすすめフルートアンサンブル(三重奏)

f:id:ilyich888:20190309175936j:plain

さて、タイトルの「銀雪を駆けて」ですが、何だと思われますか???

 

 

 

本のタイトル?

 

RPGのBGMのタイトル?

 

ゲームのタイトル?

 

 

 

 

 

 

こちらです。

www.youtube.com

 

 

金山徹さん主催の江古田フルート祭の公募に通った作品なのです。全会一致だったそうで、大変光栄でございました。

それプラス、今をときめくプロフルート奏者3名による演奏!というご褒美までいただきました。

 

もう、リハーサルに伺ったときの大緊張もイベント当日の喜びも、今も覚えてます。

 

フルートの音って、とても美しい。優しく暖かく、丸みのある音をしていますよね。

私は、フルートの音色の一つに、雪、冬のイメージを持っています。この曲はフルートのそういう側面を使って書いてみました。そんなこんなで、このタイトルです。雪をかぶった森の中を走り抜けていく、イメージを持って作曲しました。疾走感あふれるさわやかな曲調になっていると思います。

 

注目していただきたい点はいろいろあるのですけれども、第二主題を最初に奏でるのは第三フルート、第一、第二フルートが高い音域で飾っているところ、低い音域で情感たっぷりに歌い上げます。

通常のフルートの最低音Cまで使う、結構ハイレベルな箇所のようですが、決まると格好いいと思いますー。

 

そういえば、友人たちに演奏していただいたことがありました。その演奏を聴かせてもらったのですが「あー、すごくいい曲(爆)」と思った記憶があります。

 

とまぁ、爆弾をぶっ放してみましたが、実際のところは「演奏がよかった」のです。音楽の自然な流れと3人の息の合い方。フルートの技量。どれも、いいバランスで保たれていたのです。

 

いい曲と思う条件の一つに「演奏がいいこと」というのがあげられます。

これ本当です。もし可能なら同じ曲を聞き比べてみてほしいです。特に気に入らないと思った曲を。。。

 

作曲するときはもちろんいい曲になるようにがんばるのですが、自分が演奏するときはその曲がいい曲に聞こえるように!と心がけています。

 

ちょっと、脱線しました。。。

奏者をほめましたが、やっぱり、曲もいいと思いますー。

 

ちょうどこの時期によいのではないでしょうか?

 

フォスターミュージックさんで取り扱っています。

www.fostermusic.jp

 

何度かアンサンブルコンテストで取り上げていただいているようです、難易度高めですが、「既存の3重奏はやりつくした…」という方や、「フルートの腕を魅せてやりたい!」という方にはお勧めです。

3rdが難しい上に美味しかったりします。