POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介

【スポンサーリンク】

バーチャル音楽プロダクション「Frekul」に登録してみました

【スポンサーリンク】

こんばんは。皆さんいかがお過ごしですか?

今日は大きなチャンスをつかめるかも知れないバーチャル音楽プロダクション「Frekul」についての記事です。

アーティストの皆さん、ご一読いただいて、登録しちゃいましょー!

f:id:ilyich888:20190429103941j:plain

いおスタさんによる写真ACからの写真

 

 

注意点:2019/4/29現在の情報です。

 

 

バーチャル音楽プロダクション「Frekul」に登録してみました

 

一昨日のことですが、frekulというWEBサービスに登録してみました。

Frekulとは?

サイトのつくりがよく、見ればわかるようなつくりになっております、是非一度見てみてください。

frekul.com

 

「実力あるアーティストが公正に、経済的に評価される世界を作る」をモットーに活動している海保けんたろーさんの会社が運営するサービスです。

 

サイトのつくりが良くて、何をしたいサイトなのか、このサイトで何ができるのかが、とてもわかりやすいと思います。

弊社もがんばろう…

 

登録すると個人ページを作ることができます。

frekul.com

ここでは、「オーディション参加」「カラオケ配信(有料)」「ミュージックビデオ製作(有料)」「音楽アプリLumit への配信」「WEBの配信(ストリーミング)サービス SHOWROOM登録*1」「SHOWROOMデータ参照(いくら稼げたかなど)」などいろいろできます。

 

Frekulでできること(現在把握している範囲)

プロモーションをしてくれるLumit

このサイトでは曲のプロモーション(?)をしてくれるみたいです。ユーザーの好みを蓄積して適切な楽曲を選択し再生するらしいLumitというアプリでの配信が代表てきでしょうか!

私はまだ把握仕切れて降りませんが、その他音楽サービスへの配信もやってくれるみたいです。

ものすごく簡単に参加できる画期的なスマートオーディション

オーディションの参加も簡単にできてしまったので、勢いでやってしまいました…

このサイト「Frekul」でできる。スマートオーディションというものです。

普通オーディションというと、ここの音楽事務所等で行われているオーディション情報を収集してきて、音源を作り、多くの場合ではデモCDを作り、出版社へ送り。。。という手間がかかりますよね。

このスマートオーディションでは音源をつくり、WEBサイトへの情報入力を除いてすべて必要ありません。

また、個々の音楽事務所に送らずともFrekulの運営会社である「株式会社ワールドスケープ」と提携している事務所の方が聞いてくださる可能性がある!

実際「SOL BLADE」のスタッフさんが自作を聞いてくださりました

本当に簡単なのでやってみることをお勧めします!

ちなみに、応募できる曲数は一曲のみです(曲を変えるのは自由)。

スタッフが聴いた場合は、「Frekul」運営会社と取引のあるプロダクションの方に紹介してくださる可能性があります(プロダクションの求めている曲調などを加味した上でのことなので、保証されるものではありません)。

また、スタッフが勧めてくださらなくても、プロダクションの方が聴いてくださることもあるようで、実際私はそういう経験をしました。

というのも、誰が聴いたというのがわかるようになっているためです。

 

オーディションに応募したことがある人はわかると思うのですが、通常のオーディションは、聴かれたか否かがわからないんですよね。

その点はここに軍配があがります。

 

限定イベントに招待されたSHOWROOM

2019/4/20追記です。

www.petit-orchestra.jp

Frekulに登録してしばらくたった後、イベント参加を促すメールが来ました。SHOWROOMというアプリを使った配信で上位に入ると、なんとラジオの主題歌に回数限定で採用してもらえる!というものでした。

SHOWROOMというアプリ自体はワールドスケープ社が運用しているものではありませんが、提携しているため、このようなことができるそうです。

ラジオ番組の主題歌!これは多くの人に聞いてもらえるチャンスでした。

残念ながら主題歌採用の権利を得られる順位には届きませんでしたが、多くの皆さんの前で配信をするといういい経験もできましたし、ちょっと収入を得ることもできました。

私のような、待ちの姿勢でいることが多い人間にでも、誘われたからやってみようかなと腰を上げさえすればチャンスが与えられる!というのもこのサイトに登録している大きなメリットなのかなと思います。 

カラオケ配信サービス

有料ですが、カラオケ配信サービスもあります。ニコ動経由でやるカラオケ配信は無料でできてそれはそれで大変魅力的なのですが、期間が限定されているのが、玉に瑕。

ここのは期間の定めなしです。また、追加料金を払うと、カラオケのボーカルガイドを付けてくれるオプションまでついています。

 

ニコ動からオリジナルをカラオケ配信してみて思いましたが、ボーカルガイドがないと曲をあまり知らない人には厳しいと思いました。あったほうが圧倒的に歌いやすい…

 

期待度大

音楽事務所への紹介については、登録曲数、登録アーティスト数のどちらも多いので、どの程度やってもらえるかは不明ではありますし、どこに何をどうというのもまだまだ不明点は多いですが、大いなる可能性を秘めたサイトだと思います。期待を込めて!

 

なにかやれば、何か当たるかもしれません!

 

音楽で一発!を考えているみなさんは、登録してみても損はないと思いますよー。

 

楽曲配信についての注意

著作権管理団体に信託している場合、楽曲の公開にはご注意ください。たとえばJASRACにインタラクティブ配信を信託している場合は、Frekulで楽曲の公開はできません。

私、実は、JASRACに信託しているのですが、インタラクティブ配信の信託は除外しているので、アップロードして問題ないようです。

信託しているといろんなことが気になるのです。買取の仕事は受けられないし…でも、メリットもたくさんあります。たとえば、著作権使用料を自分で徴収するのは、大変でとっても難しくこれをやってもらえるだけでも大変ありがたい。また、作り手だけではなく、使うほうにもメリットがあって、個人が著作権を別々で管理していると、いちいち異なった窓口に申請をしなくてはいけませんが、窓口がまとまっていれば、同じようなフォーマットで同じような手順でまとめて申請できます!悪者にされがちなJASRACですが、是非実態をみていただきたい…

 

もともと、PDF譜を売るのに困ってインタラクティブ配信を外していた(自己管理にしていた)のですが、それがこの可能性を残すことにつながりました。もちろんインタラクティブ配信を信託するメリットもたくさんあります。

 

 

個人的反省点「もっともっと曲をたくさん作らねば。。。」

同じ曲ばっかりでなく新しい曲もねじ込んでいかねば…と思いました。ポップス作品がまだ3曲しかないのですが、どんどん、どんどん増やしていって、また異なった調子の曲も増やしていって(今ある曲全般的にミッドテンポのバラードなのです…)、自分のもつ違った面を見せていかなければなと思っています。

今、中庸なバラードのみ…と申し上げましたが、クラシックであれば、急速な舞曲をたくさん書いているわけですし、速い曲、激しい曲も書けるはず。

書いて、世に発信していきたいと思います。

 

もっと時間が欲しいところですが、優先順位を付けてやっていくしかないですな…

 

創作活動関連記事

オリジナル曲を無料で有線配信する方法

www.petit-orchestra.jp

投げ銭システムや、サービス開設窓口「ココナラ」についてなど

www.petit-orchestra.jp

 

*1:Frekul経由でなくても登録できるサービスですが、限定イベント参加や、後述のデータ参照など、Frekulから登録することで得られるメリットもたくさんあります。