POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川出身の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介

【スポンサーリンク】

気持ちを落ち着けてくれる子たち

【スポンサーリンク】

コロナウイルス…徐々に大変になってきていますね…

 

ついに緊急事態宣言が出されましたね。

今日買い物に行ったら、食品売り場のレジ待ちのところに1mのテープが貼られていました。(海外だと2mというところもあるらしい)

都内の感染者数はかなり増えたように思います。まだ、感染者数が2倍になるのに1週間程度のようなので、他の深刻な国から比べたらだいぶ緩やかなんでしょうが、でも増加傾向にはあるわけで、しかも、他の国が採用したロックダウンからくらべると日本はだいぶ緩い対策ですよね。

 

Twitter上では、数日前がNYの3週間前の状態にそっくりという情報を見ました。

みんな、割と頑張って自粛はしていると思うので、NYの3週間~2週間前よりはましな予感がしていますが、でもどこかのタイミングで感染者数を減少に転じさせられるほどの行動抑制はできていないように思います。

 

ということは、増加の傾向は読めませんが、今後も感染者数は確実に増えるんだろうなと思います。

 

恐ろしいのが、ねずみ算式に増えるということですよね。

ちょっと数学弱くて不正確かもですが、指数関数的に増えるとのことで、等差数列的(1,2,3,4,5....とか2,4,6,8,10とか)ではなく、等比数列(1,2,4,8,16...とか?)で増えるということのようです。数Aの分野でしょうか。くっそ、苦手でしたけど、数字の関係に興味を見いだせれば面白かったのかも…と今になって思います。

 

等差数列的なものの怖さは、時間経過とともに数が膨大になるということですよね。増え方は変わらないのですが、(1,2,4,8,16だったら2倍)母数が増えると恐ろしいことになります。

1の2倍は2ですが、10000の2倍は20000になっちゃいますからね…

 

はー、どこまで増加率が抑えられるのでしょうか。。。

 

種の生存戦略的にも、いろんな考え方の個体がいるのは当然なので全員が同じ行動をすることを望むことはできませんが、感染を抑える行動を啓蒙したり、(外国の様に)強制したりすることで、ある程度制御することはできるのかなと思います。

 

どうか、爆発的な感染には至らないでほしい。。。

 

というのと、前も触れたけど、日々の生活が立ち行かない人は、将来のリスクなんて考えられません。

コロナより明日食えない恐怖のほうが大きい…といったような。

 

特定の困った人だけ援助を受けてずるい、税金をたくさん抑え目ているのに…と思う人もいるかもしれませんが、その人たちを救うことが全体の利益になると考えるべきじゃないかなと思います。

 

セーフティーネットってのはそういうものじゃないですかね?

誤解を恐れずに言えば、弱者を救うことは、全体の幸福度を上げると思います。

 

 

どうにもこうにもコロナを意識しちゃって前置きが長くなってしまいますが、今日は自分の気晴らしの記事です。

 

緊急事態宣言が出されるより前の時期のことです。

 

まだ、情勢がそこまで切羽詰まっていなかった頃ではありましたが、「外出も外食も、ましてや飲み会なんてできなくなりそうだな…下手したら一日で誰とも話さないかも…」なんてことを考えた週末がありました。

インドアの趣味は平均よりは多分あるほうなのかな?とは思いつつ、でも、ピアノとPCでできることだけで乗り切れるかなと…ぼんやり思っていたある日のことでした。

 

 

「水の音が聞きたい…」と思いました。

 

 

ストレスがたまっていたんだと思います。ってなわけで、水の音を求めて散歩をしたわけなのですが、1時間以上あるいたのですが、池すら見つかりませんでした。後日、20分くらいのところに川があるのを知ったのですが…でも近くにないことは確かです。

 

歩き回っていけるところに川がないということを知った上に、海外の例を見ると、もしかしたら、外出もままならなくなるかもしれない…と考えたときに、「あ、このままでは私きっと精神がやばくなるな」と感じました。

 

寂しすぎて、おかしくなってしまう。

 

なんとかしなくては。

という結果がこちらです。

 

メダカ水槽

メダカ水槽

水量7L程度小型の水槽を購入してしまいました。

 

生体はメダカとミナミヌマエビが入ってます。メダカは目視でわかると思いますが、赤い丸のあたりに、ミナミヌマエビがいます(写真撮ってる間に逃げてなければ…)

 

物が増えたら大変だな…という考えもよぎって、ずいぶん迷ったのですが、思い切って買ってしまいました。

今は、よかったなと思っています。(ただし、増やしすぎないようにしないとイカンという気持ちは持っております…)

 

この水槽、狭い部屋なのでベッドのすぐ近くにあります。玄関に置こうかなとも思ったのですが、寂しさが埋まらないので、近くに置きました(苦笑)

 

 

水量とシャワーパイプを調整すると水の音がするんです。落ち着きます。

水草のグリーンや生体の様子に癒されています。

 

個人的にはエビがお気に入りです。何にも考えてなさそうに見えるのですが、足を使えるので、顔を洗ったりする姿が妙にかわいらしく映ります。

餌を探して盛んに脚を動かしているのとか、無造作に動き回るところとか、無表情なまま水槽の上の方から自然落下して、「ぴとっ」と地面にくっつくのとか、観ていて飽きません。

 

まだ、水槽を立ち上げて時間があまりたっていないので、だいぶ不安定ですが(実際、エビはちょっと危険な時がありました)、1か月間くらいはこまめに水を変えて、大事にしていきたいと思います。

 

手に入れたきっかけは寂しさでしたが、手に入れてしまった以上、命あるもののお世話をすることをよく噛みしめて、生活していきたいと思います。

 

それにして、ほんとうにありがたい。

ちっちゃくて、何を考えているのか全くわからない生き物ですが、心の支えです…

 

ということで、最低限の世話をいとわない人であれば、小型アクアリウムお勧めですよ~。

 

とはいっても、今は買いに行くのも危なかったりするのでしょうか…

 

 

こちらを利用しました。

水槽、水中フィルター、珪砂、カルキ抜き、試供品の餌、ガラス製蓋、保護マットが一式そろってます。

 

生体、水草、流木等は別購入の必要ありです。

 

 

これはもっと簡単でいいかも。とはいっても、気を付けないとエビの具合を悪くしちゃいますので、ご注意!

 

こちらも、落ち着かないと難しいかも…