POPSにも果敢にチャレンジ!クラシック作編曲家 田丸和弥の音楽日記

鴨川在住の作編曲家が、作編曲家、演奏家、音楽愛好家さんへの便利情報を提供します。時々鴨川ネタもご紹介


【スポンサーリンク】

鴨川から東京への交通手段考察

【スポンサーリンク】

今日はいつもと変わって、交通手段についての記事を書いてみます。

私、現住地の千葉県鴨川市から東京までよく行くのですが、その交通手段をご紹介してみようかと思います。

出張利用の方はもちろん、行楽地鴨川へのアクセスのヒントになれば!

 

ちなみに、データは2019/3/15日現在のものです。変わっている可能性もありますので、実際にご利用される際は、ご確認ください。

f:id:ilyich888:20190315210638j:plain

 

鴨川-東京間移動案内 

千葉県鴨川市-東京間の移動手段は主に、「バス」「電車」「自家用車」が考えられます。それを一つ一つご紹介してみようかなと思います。

リーズナブルな高速バス「アクシー号」

京成、日東交通、鴨川日東の3社乗合のバスです。今、私がもっとも活用している交通手段でございます。およそ2時間で東京鴨川間をつなぎます。本数は限られますが、特急運行バスの場合はなんと1時間45分。

時刻表はこちら

http://www.keiseibus.co.jp/info/upfiles/2054b0f87b68610d20e1cc3812398168.pdf

およそ1時間に1本(時々2本)のペースで運行しています。

料金が安い!

何と言っても安いのが特徴です。2,450円で東京-安房鴨川を移動できます。特急利用より1,000円以上安い。

私は、最近はもっぱらこれを利用しております。

トイレ完備

長距離を走るバスであるためか、アクシー号は全てのバスにトイレがついています。乗車時間が長くなっても安心です!

Free-Wifi

運行会社によって、若干仕様が異なります(一日の回数制限など)が、基本的に使えます!動画視聴も怖くない。

予約できない

デメリットではあります。しかし、鴨川市内から乗れない可能性はかなり低い。東京から使う場合は注意。(しかし、ほぼ確実に乗れる方法があります。後述)

旅の快適さは高くはないかもしれない

どうしても、バスは電車より疲れるように思います。また、木更津あたりからは、満席近くになることも多く隣にも人が来る可能性があります。そうすると、一人で使っている時の無防備な状態は保てない…ですよね。

お得な回数券、でもちょっと使いづらいかも

10,000円で12,000円分使えて大変お得です。およそ2,040円になる計算です。

消費増税前、消費税5%の時はほんと、文句の付けどころのないチケットでした。その当時は、鴨川-東京間2,400円でしたので、2,400円チケット×5、2往復半というチケットだったのです。

しかし、消費増税8%の時点で、2,450円になってしまったので、現在は1,550円券×4+500円券×4+400円券×4+200円券×7+100円券×6+50円券×4となっております。

使いづら…

ちなみに、券だけ利用して余らずに使い切るには49回買わないといけません。

果てしない。

ちなみに、券と現金を合わせて使うことはもちろん可能ですので、「えっ、49回も買わないと使い切れないの…」というご心配は無用です。

 

上りは朝早く対応、下りは夜遅く対応!

上りは、7:18東京につくバスが、下りは0:25に安房鴨川につくバスが走っています!

特に、東京からの帰りが電車よりすこーし遅れてもいいのがありがたい!(けれども、混んでいて乗れない可能性もありますので、ご注意)

 

快適な空間 JR外房線特急「わかしお」

もう一つの大きな手段電車です!今回は特急を例に取ります。各駅停車は辛いので…

ちなみに、所要時間は1時間40分から2時間程度です。途中各駅停車の区間のある便もあります。

 

ゆったりできる

高速バスの座席と比べて、特急の座席自体ゆったりくつろげるようになってますよね。それに加えて、たいていの場合特急は空いています。

トイレ完備

これはバスと同じですね。長旅では重要なポイントです!

料金がちょっと高い

料金 各駅停車共通 IC利用で2,268円。で、各駅停車で行くのであれば、高速バスより安いです(安房鴨川-山手線内(新宿なんかへも行ける)が使えるのも地味によい )が、特急料金1,340円を足すと3,608円。結構違いますよね。

遠く離れた京葉線東京駅地下ホーム

結構大きなデメリットです。例えば、わかしおから中央線に乗り換えて新宿に行くときなんか500m近く歩かないといけません。京葉線地下ホームだけやたら離れてるんですよね。神奈川に住んでいたときは、特急で帰省していたのですが、この距離が結構きつかった覚えがあります。

 

各駅停車だと???

ちなみに、各駅停車で東京-鴨川を行き来するには…

  • 安房鴨川- 外房線 - 曽我 - 京葉線 - 東京が一番よくあるパターンでしょうか。
  • 安房鴨川 - 外房線 - 千葉 - 総武線各駅停車 - 秋葉原 - 山手線 - 東京というパターンは面倒くさいですね。
  • 安房鴨川 - 外房線 - 大原~千葉のいずれか - 総武横須賀線快速 - 東京というパターンはちょうどよい電車が来れば比較的使いやすいかも。

ちなみに、鴨川 - 千葉の時点で2時間前後かかります。

 

マイカー

家の弟はこの手段を使ってます。車を所持していて、運転が苦にならず、燃費のいい車で下道だったら、安く行けるかも?

アクアラインを使うと最速でつける

バスは寄り道をして走るので、マイカーよりはどうしてもちょっとタイムロスしてしまいます。特に、アクシー号は一部の特急運行バスをのぞき、木更津のかずさアカデミアパークを経由するのですが、ここのタイムロスが約30分と大きいのが玉に瑕。

マイカーはこの点無縁ですね!

ただし、高速料金はETCを使っても、かなりかかりますので、ご注意。

また、行楽シーズンは渋滞に注意。イライラしちゃうかも???

最新情報、鴨川有料道路無料化!?

房総スカイラインが無料化されて久しいですが、鴨川-東京間を走るのに便利な鴨川有料度道路、無料化の要望が叫ばれつつずっと有料のままでしたが、なんと2019年4月にとうとう無料になるそうです!これは、朗報!

鴨川へのアクセスが良くなること間違いなし!

マメ知識「市街の渋滞を避けるには北部道路」

鴨川市の交通問題として国道128号の渋滞が上げられます。大きな幹線道路がこれ一本しかない上に、右折レーンのない長狭街道との交差点や右折レーンの短い千葉県道24号線との交差点など、動脈としてのウィークポイントが点在しております。

そこでおすすめするのが、北部道路!2009年に開通した道路です。

www.jognote.com

この道路を使うと、市街地を避けて鴨川市東方面へ行くことができます。渋滞の多い行楽シーズンに関しては亀田病院や鴨川シーワールドへ行くにはこちらを使ったほうが速い可能性があります。

東京から行く場合は、鴨川有料道路を出て、天津方面への看板が見えたところで左折すると、この道路に入れます。

農面道路なので、歩行者や死角などが少ないのもポイントです。

 

 

裏ワザ「マイカー+高速バス」

マイカーで高速バスの途中の停留所(主に、木更津金田バスターミナル)まで行って高速バスに乗り換える!という手段もあります。

時間の融通が利く

木更津金田バスターミナルから東京へはアクシー号はもちろんですが、東京-木更津線のバスも走っておりまして、本数が多いのが魅力。

この時刻表をご覧ください。

http://www.nitto-kotsu.co.jp/img/kosoku/kisarazukanedabt2.pdf

平日朝7時代なんて、なんと18本もバスが発車します。

 

最安値かも!?

また、木更津金田バスターミナル-東京間の料金は1,250円。回数券はアクシー号と同様10,000円で12,000円分使えます。

また、木更津金田バスターミナル周辺には駐車場があり、24hで300~500円程度なので、鴨川から木更津金田バスターミナルまでの燃費を考えても、お安く済みそうです。

私の友人はこの方法を取っている人が多いです。

飲めない... 

1つ大きな難点を上げるとすると、東京で飲めないということ。いやぁ、大問題だ!これは!

マイカーも一緒ではありますが、この手段は公共交通機関をつかうにも関わらず…というのが痛いところ。

 

東京から鴨川へ行くには…

基本的に鴨川~東京へ…と変わらないのですが、アクシー号を使いつつ、ゆったり、焦らずに確実に乗りたい!という人に一つご提案!

バスの乗車は浜松町がお勧め。

最近、東京タワーから出るバスも登場しましたが、それまでは東京側、唯一無二の始発かつ終点であった浜松町駅がお勧めです。(現在も多くのバスが、浜松町終点または始発です)

始発なので、空いています。いままでなんども使っていますが、10人以上乗っていた記憶がありません。なので、かなーりの確率で好きな位置に乗れます。

私は後方、トイレの前か一番後ろの席が好き。なぜかというと、後ろに座席がないので気兼ねなく席を倒せるから。

東京駅の出発時間のおよそ20分前に出発しますので、お気を付けください。

お時間とお金に余裕がある人はぜーひー。

番外編その1 徒歩

www.google.com

なんと、東京から鴨川まで107kmですって。

所用時間脅威の22時間51分。(でも1日でつく計算なのねー!)

しかし、これ平均時速4.8kmの計算。結構な早さで止まらずに歩き続けないといけません。実際は、信号待ちがあったり、高低差があったり(実際房総半島の中央部は山間部です…千葉県は唯一500m以上の山がない県ではありますが、最高地点は標高249mとでています)、多くの困難が待ちうけ、24時間をはるかに越えてしまうことでしょう…

うん、頑張れチャレンジャー!

 

番外編その2 自転車

Google Mapで東京鴨川間の自転車ルート検索は使えないようなので、徒歩のデータを借りて計算してみませう。自転車の平均時速15km/h程度でだろうと見積もって、徒歩のおよそ1/3の所要時間ということで、7時間19分

あ、これはそこそこ現実的な時間かもしれない。

かく言う私、神奈川に住んでいたときに一度自転車で帰ってみよう計画を立てたことがあります。もちろん輪行バックをもってね。(途中から電車に乗る気満々)

神奈川県川崎市のJR南武線 稲田堤駅近郊から出発して、千葉市までは参りましたよ。たしか、東日本大震災の数か月後で、歩道が割れていた記憶があります。

午前早くでて、着いたのは午後。東京からだったら、もう少し近くまで行けていたかもしれません。

しかし、千葉市到着時点で「これ以上はムーリー」と断念して、電車に乗りました(どの駅から乗ったかは失念しました…)疲れが半端なかったものですから…

電車に乗ったら、立ちながら完全に意識が飛んでいたくらいです。ふらっとしてつり革から落ちそうになって気づくんです。あんなの初めての経験でした。

そして、何が一番つらかったかと言われると。疲れではなく、筋肉痛でもなく、おケツとお股が痛くなってしまうことでした。長距離、自転車に乗るならば、ちゃんとそれ相応のものを買いましょう。

 

ちなみに、昔のブログに当日の様子が書かれておりました。若い自分の文章恥ずかしすぎる…けど、晒してみます。

 

didismusic.blog93.fc2.com